箱家 hito-tsubo - 漆の工業製品・OEM 坂本乙造商店 | URUSHI SAKAMOTO CO.,LTD.

箱家 hito-tsubo

HAKO-IE hito-tsubo

[ 箱家 hito-tsubo の主な仕様 ]
本体価格 1,900,000 円(別途、消費税と輸送運賃がかかります)
■写真と図解による詳しい組み立て解説付き
■納品には受注後2 ヶ月ほどかかります
■寸法:間口 1,840mm × 奥行 1,845mm × 高さ 1,870mm
■総重量:約140Kg
■箱家は、直営ショップ「坂本これくしょん(会津若松市)」にて
 展示販売いたしております。

[ 繰り返し分解・組み立てが出来る、小さな和室 " 箱家hito-tsubo" ]

箱家の新作は、約1 坪のスペースに組み立てられる本格的な和室のキットです。
良質な木材を使用し、高い精度で加工された部材は、釘もネジも使うことなく組み立てられ、
又部屋を広く使いたいときには分解できるよう、繰り返しの組み立てに耐えうる仕組みを実現。
引越しや移動させたいときにも便利です。
" 伝統を現代の活かす" をテーマに、会津の木造建築や指物などの職人に受け継がれた技をふん
だんに活かして企画いたしました。

[ 約1 坪の安らぎの空間]

日本には古来より、屏風を立てまわして" 結界" をつくる慣わしがありました。" 箱家" も四隅に
屏風を立てて壁を構成し部屋としたもの。障子を開けて室内に入ると、四方から障子を透した
やわらかい光が注ぎます。又、天井の照明もロウソクの光に近い電球を使用。障子は表と裏の
両面から紙が貼られた" 太鼓張り". 床には琉球畳(縁なしの55cm正方形畳)が6 枚敷かれてい
ます。

[ コンセント付きで実用性も高い]

床の間の壁面に設けられたコンセントで、オーディオやパソコンを持ち込むことも可能。
自分だけの空間をお楽しみください。

「箱家」のイメージビデオです。
「箱家hito-tubo」はこれより少し小さめになります

「箱家」と「箱家hito-tubo」の大きさの比較

[ 組み立て図解- 抜粋]
「箱家」は四隅に屏風を立てて壁を構成する、日本古来の結界という慣わしを取り入れたものです。
「釘も木ネジ」も使うことなく、僅かな時間で組立て・分解ができます。
また、会津の木造建築や指物師等の職人に受け継がれた技がふんだんに活かされています。

床枠を配置し、配置場所の確認をします。

障子で出来た屏風を四方に配置し、
壁面に組み立てていきます。

後ろ側の屏風→床の間→屏風の順に
組み立てていきます。

天井枠を屏風の上で組み立て、
中央の梁の中にランプをセットします。

入り口に「濡れ縁」を設置します。

これで箱家の完成です。

左が「箱家hito-tubo」 ・ 右が「箱家」